Skip to content

ブログやウェブライターが記事を書く3つの手順

副業ウェブライターとして半年、その後現在は自分でもブログを始めて記事を更新している30代の会社員です。
記事を書く作業はなれない方や苦手な方にとっては苦痛にもなってしまう作業ですよね。
今回はできるだけ負担なく記事を書くポイントをお伝えします。

1.まずはタイトルを決める
記事を書くにはまずタイトルを決めなければなりません。
まず、ここで悩んでしまう人も多いでしょう。
ですが、タイトルが決まらなければ何について調べるのかも決まりません。
ウェブライターとしての仕事の依頼の場合には書く分野やタイトルが指定されている場合もありますが、自分でブログの記事を書くには自分で決めなければなりません。
ブログの記事は自分が興味のある分野や得意な分野を書いてみることが、ブログを継続する上で大切にもなります。

2.次に小見出しという小さい項目を決める
タイトルが決まった、もしくはウェブライターの依頼ですでに決まっていると次は記事の構成を考えます。
タイトルにそって、小見出しと呼ばれる小さい項目を決めていきましょう。
例えば、今回の記事は『ブログやウェブライターの記事を書く3つの手順』ですので小見出しは3つ、内容が手順ですので時系列に沿って3つの小見出しを考えます。

3.調べものは小見出しにそって情報収集する
小見出しが決まると記事はほとんど完成しているといっていいでしょう。
あとは小見出しの内容を埋めていくだけの作業になりす。
自分が知らないことは調べてから記事にするようにしましょう。
調べものは、私の場合は得意な分野や興味のある分野は書籍を使っています。
ウェブライターの依頼ではネットで情報収集をする必要があります。
ネットでの情報収集では、内容に責任の大きい公的な内容の場合には公的機関のホームページ、医療系の記事の場合には医療機関の情報提供のホームページで確かな情報を集めることをお勧めします。

今回の手順で、少しでも記事を書く負担が減る手掛かりになれればと思います。

PR|健康マニアによる無病ライフ|アフィリエイト相互リンク|工務店向け集客ノウハウ|サプリメント||オーディオ|お家の見直ししま専科|生命保険の選び方|JALカード|英語上達の秘訣|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|内職 アルバイト|初値予想|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|GetMoney|