Skip to content

観光客を不快にさせないための通訳の必要性

英会話ができない人は海外からの旅行客がいてもなるべく話さないように何となく距離をとってしまいがちです。外国からの観光客から話しかけられても困らないようにするためにはちょっとした英単語を知っておくといいです。道端にいますとそれなりに困っている人がいると話しかけたりするのですが、お昼休みになるとよく外国人に話かけます。

 

困ってる人がいたら話しかけるようにしているのですが、会社の近くにたくさんの外国人がくるような観光地があるので、割と外国人を見かけます。そして、道に迷っている人がいるので通訳ということになったりしています。翻訳通訳というのはプロの人はそれこそいちいち表現に気を付けるのでしょうがあくまで私的にやっていることですから適当です。 しかしそれでも意外と話は通じるようであり、何度も道案内ができるようになりました。そもそもそんなに難しい行為でもないです。ビジネス的なことをやってるわけでもありませんし、細かい表現まで相手がいちいち突っ込んでくることもありませんから、それなりに上手く行っています。コツとしてあるのは相手に伝えようとする意思があるかどうかということでしょう。

 

ぎこちない外国語であろうとも相手は困っているわけですからこっちのことを真剣に聞いてくれますし、こっちも相手のことをしっかりと聞けば問題はないです。
しゃべれないからと言ってそっけない態度を取ってしまうと日本に対する悪い印象を外国人に与えてしまいます。私は以前は外国人に話しかけられてもすぐにその場から立ち去っていました。しかし、困っている外国人を助けてあげれなかったことに後ろめたさを感じてしまったので簡単な通訳ができるようになりたいと感じました。慣れない日本で道に迷っている外国人はとても不安になっています。

 

しかも日本人に話しかけても誰もまともに会話をしてくれないと二度と日本に行かないと思ってしまうリスクがあります。言葉が理由で外国人に不快な思いをさせないために通訳ができるようになることは大切です。私は英単語と熟語の本を買って道案内ができるレベルの英語力を身につけました。

PR|健康マニアによる無病ライフ|工務店向け集客ノウハウ|サプリメント|オーディオ|お家の見直ししま専科|生命保険の選び方|JALカード|英語上達の秘訣|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|内職 アルバイト|初値予想|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|GetMoney|